『NIGHT HEAD 2041』公式サイト

2021年7月 フジテレビ「+Ultra」ほかにて放送予定

Share

NEWS

2組の兄弟のボイスをいち早く聴けるティザーPV第2弾が公開!メインスタッフからのコメントも到着!!

『NIGHT HEAD 2041』メインキャストの公開とともに、2組の兄弟のボイスを聴くことが出来るティザーPV第2弾も公開致しました。望まずも超能力を得たがため、追われる立場となった霧原兄弟と、超能力者を取り締まる国家保安隊として彼らを追う黒木兄弟の様子が描かれます。2組の兄弟それぞれの魅力と、「NIGHT HEAD 2041」の近未来の世界観を是非今回のPVで味わってみてください。

さらにティザーPV第2弾の公開を記念して、メインキャラクターを演じるキャスト陣およびメインスタッフよりコメントが到着しました。
7月からの放送をぜひお楽しみに。

平川孝充(監督)

Q. 今回「NIGHT HEAD 2041」に携わることが決まった際のご感想をお願い致します。
最初お話しを頂いた際に、TVドラマでの、あのオカルト的で鬱々とした独特な雰囲気がイメージとしてあったので、アニメ化となると表現が難しい尖った企画だなと思いました。ただ、それと同時に今の時代だから出来ることがあることも想像出来たので、映像表現として進化させつつ、新たな「NIGHT HEAD 2041」という物語をお見せできたらと思いました。

Q. 作品の見どころをお伺い出来ますでしょうか。
ストーリーとしては、原作者の飯田さん脚本のもと、タイトルにもあるように、2041年が舞台で、TVドラマにも登場した霧原兄弟の物語が新たに動き出します。そして、本作で登場する社会秩序維持を目的として、霧原兄弟を追う国家保安本部所属の兄弟、黒木タクヤとユウヤ。4人が対峙し、その運命が大きく関わっていくところが見どころです。さらに重厚かつ繊細な世界観をハイクオリティな映像と音で表現することを目指し制作していますので、細部にも注目してご覧頂ければと思います。

Q. 放送を楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いいたします。
霧原直人と直也を待ち受ける運命、そして二人を追う黒木タクヤとユウヤが視たものとは。「NIGHT HEAD」が持つ独自の色を新しい形で表現しつつも、TVドラマの要素も散りばめられている作品になっていると思います。初めて「NIGHT HEAD」に触れられる方もそうでない方も様々な見方でこの世界を楽しんで頂ければと思います。

飯田譲治(原作・構成・脚本)

Q. 今回「NIGHT HEAD 2041」に携わることが決まった際のご感想をお願い致します。
1992年から93年にかけて放送された実写版を若い頃に見て、ファンになってくれた方々の行動力によって「NIGHT HEAD」が新たな形で蘇ることになりました。 31年前のある夜、まるで何かが降りて来たかのように直人と直也が酒場を訪れるという、物語のファーストエピソードの脚本を書き上げた時のことを思い出します。あの時は兄弟が育てられた山奥の研究所がどんな場所で誰がなんのために作ったのかも考えていませんでした。それが長い時間を掛け、様々な出会いを経て長編へと成長し、今度は近未来の物語としてまた、大きな変化を遂げました。2021年、この時代にこの物語を届けられることになったのは、決して偶然ではないという気がしています。

Q. 作品の見どころをお伺い出来ますでしょうか。
企画が始まり、第一話を描き始めた時から最終話を完成させるまでに、なんと五年もの歳月が経っていました。直人と直也の近未来を舞台にしたまったく新しい物語を作り上げる作業は、想像以上にハードルの高いものでしたが、苦労した成果はあったのではないか、と思います。直人・直也と対峙する新たな主人公兄弟、黒木タクヤとユウヤを皆さんにどんな風に受け留めてもらえるか、反響を楽しみにしています。

Q. 放送を楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いいたします。
30年の時を経て、またこの作品を皆さんに届けられることになった幸運を噛み締めています。作品に関わってくれたすべての人に感謝の言葉を贈りたいと思います。 原作者、脚本家としてではなく、ひとりのファンとして、ぼくも完成版を見られる日をワクワクしながら待っています。

大暮維人(キャラクターデザイン原案)

Q. 今回「NIGHT HEAD 2041」に携わることが決まった際のご感想をお願い致します。
お声をかけていただき光栄でした。なにより「NIGHT HEAD」のアニメ化に興奮しました。本業が漫画家である自分にとって、こうしてアニメ業界のお仕事に関わってチャレンジする事は大きな成長のチャンスでもあります。ここで学んだ事は漫画にも生かされていきます。スタッフの方々の熱意も素晴らしく、大変楽しくお仕事をさせていただきました。

Q. 作品の見どころをお伺い出来ますでしょうか。
キャラデザイナーの立場でいえば、あの豊川悦司さんと武田真治さんの名キャストのイメージを引き継ぎつつ、いかに令和のアニメに落とし込んだのか、という点を楽しんでいただければと思います。また新たに、二人の対となるべきメインキャラクターや、脇を固める曲者キャラなど厚みのあるラインナップとなっておりますので、お気に入りのキャラを見つけてもらえたら嬉しいです。

Q. 放送を楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いいたします。
「NIGHT HEAD」は大暮が若かりし当時、周りの女子が熱く…いや、篤く語っていた思い出があり、こうしてお仕事ができたのはとても感慨深いです。このアニメも是非、あの時以上に篤く語っていただきたいです!

Back